酵素入りのはちみつパンケーキ > 不足になりやすい生活習慣

不足になりやすい生活習慣

私たちの体に欠かせない酵素。
少し意識して生野菜などを食べるよう心がけても、
やっぱり太りやい、疲れやすい、と感じることもありますよね。
酵素を食事などに取り入れるだけで、
すぐ健康になれる、代謝があがる、というわけではありません。
毎日の生活習慣に目を向けてみると、
意外と酵素の無駄遣いをしてしまっているかもしれません。
食事以外にも注目して酵素不足を改善していきましょう。

・睡眠不足
睡眠不足は様々な不調の原因にもなりますが、
午後8時~午前4時は体の臓器が点検、修復される時間です。
さらに酵素が作られる時間でもあるため、この時間にしっかりと体を休めることが大切です。生活リズムが不規則な方も休日などは早寝を意識してみてはいかがでしょうか?

・夜食
テレビを見ながらのお菓子、お酒のあとのラーメン等、ついつい食べてしまう夜食。
この夜食は太るだけではなく、酵素にも悪影響なのです。
本来酵素が作られる時間帯に食べると、生産も滞りますし、
夜食にあげられるようなラーメン、スナック菓子など、高カロリーな食品は、
消化酵素が大量に必要になります。
すると、代謝の分が不足してしまうので、胃の調子が悪くなったり、
肌荒れが起きたり、なんてことに。
夜の空腹が我慢できない時は、消化のいいものや飲み物だけにする、
など負担を減らしましょう。

・肉や魚の食べ過ぎ、お酒の飲みすぎ
食べ過ぎ、飲みすぎはよくないとわかっていても、なんて時もありますよね。
肉や魚はタンパク質です。タンパク質を分解するのには多くの消化酵素が必要になります。
さらに酵素は熱に弱いので、火の通ったものには全くありません。
そのためがんばっても消化しきれず、胃腸に負担がかかります。

またお酒を分解するのも肝臓の酵素です。
お酒の飲みすぎで酵素を酷使すると肝機能に影響がでてきます。
食べる前に生野菜を食べる、飲んだ後は酵素飲料やサプリ、
さらにはお水を飲んで、少しでも酵素の働きを助けてあげましょう。