得られる効果

酵素が体にいいと、非常に注目を浴びていますが、
取り入れることで、何がどう変わるのでしょうか?
生野菜や果物、発酵食品に多く含まれるということは、
消化を助けたり、なんだか体によさそう、なんてイメージですよね。
では具体的に酵素を取り入れることでどのような効果が得られるのでしょうか?

私たちの体の中にある酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の大きく2種類です。
この2つは同じ量だけあるのではなく、必要なものに優先的に使われます。
例えば食事を3食とればその分、消化酵素が働き、代謝の分は少なくなります。
ですので、生野菜などから酵素を取り込み、消化酵素のお手伝いをしてもらうのです。
すると、消化で無駄遣いがなくなるので、代謝で使える分が増えてきます。

代謝と聞くとついつい基礎代謝、を連想してしまいますが、
代謝には、大きく4つの働きがあります。

基礎代謝=エネルギー変換
毒素排泄=いわゆるデトックス
細胞の再生=美肌への近道
免疫力の強化=病気になりにくくなる

これだけみると、なんだか夢のような働きです。
でも人の体にはもともとこの代謝をする力が備わっています。
酵素を補うことで、本来行われるべき代謝が行えるようになるのですね。
酵素が十分な状態を作ることで、消化がスムーズになるだけでなく、
代謝がよくなり、少しずつ体の中から元気になっていくのです。

酵素を上手に取り込むと代謝がよくなる、つまり・・・

・太りにくくなる
・免疫力が上がるので病気になりにくくなる
・肌がきれいになる、若々しくいられる

などの効果が得られるのです。
若い頃には十分にあった体内の酵素は年齢とともに減少していきますが、
酵素を補えていれば代謝が活発になるので、
いつまでも健康的で若々しくいることができるのです。
一般的に100歳を超える長寿、と言われる方々は、
酵素を食事で上手に取り入れている方が多いそうです。
また日本食も海外の料理に比べて酵素が多く含まれる食事なので、
意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?